春の関東遠征(下)

前回の続きです。(熟成してました)池袋鉄道模型芸術祭を見に行きました。こちらは「日本の蒸機を愛する会」さんなのですが、、、。「持ってきてるなら置いてよー!」とありがたいお言葉を頂き数十分だけ置かせて頂きましたm(_ _)m意外(!)に僕の模型を知っていただいておりびっくりしました。(模型の独り歩きにならないよう頑張ります)どこへ行ってもひっくり返される子。キハ20はしれっと扇型機関庫に置かれていました笑写真はほ...

「可部線 朝のキハ4連」完成

「やっと」竣工しました。始まり(終わり)は昨年の1月例会の後に某模型店でキハ23を購入したことでした。せっかくワンマン仕様に加工したのに国鉄仕様に戻したり、紆余曲折がありまして(そしていつのまにか種類も増えちゃって)このような結果になりましたσ(^_^;)このキハ23も当初のキハ23ではないですし、改めてオカシイことしてるなと感じます(反省)。簡単ながら全体と各車を紹介します。詳細な加工は今までの記事をご覧ください。...

春の関東遠征(上)

3月例会の翌日から関東へ2週間ほど模型活動兼就職活動で遠征してきました。今回は(未完成ではありますが)最新作の可部キハ4連のお披露目も兼ねて...とにかく兼ねまくりで....笑まずは浅草橋のIORI工房さまにお邪魔しました。普段レーザーカットをお願いしているメーカーさんです。実際にカットしている様子を見学させていただきました。西のワムハチさんにお願いされていたPF用の車輪パーツもその場で設計して試作しました。その他...

キハ23(15)・キハ30(8)・キハ20(6)

長々と放置してしまいました。就職活動兼趣味活動(笑)で関東へ遠征中です。床下の作り込みの続きです。キハ30をやる上での問題はこのラジエターの配管。上にいったり下にいったり配管の渡りが激しいです。先に作ったものと後に作ったもので若干の改良があり全くの同一ではありませんが“実物も揃ってないみたいなので”OKとします。線材はKSの0.3の真鍮丸線とポリウレタン銅線(0.28?)を使用しました。曲げが多い管にポリウレタン銅...

トラムウェイのキハ23をつつく(14)

期限が迫るものの十分に時間が取れず相変わらずスローペースです。(やることもないのに部屋に6時間も軟禁する大学もいかがなものです。寝るかスマホをつつくこと「しか」出来ない時間というのもなかなかに辛いもの。学生それぞれ自分の時間も必要だろうに、指導教員は有意義な時間と胸を張って言えるのでしょうか...?)本題に入ります。(各部位の写真は製作途中が多いので未完成状態の箇所もあります。)予熱器周りは前回1度パイピ...

天賞堂のキハ20をつつく⑸

今年度中に間に合わせるべく急ぎ足で製作中です。まず配管の回しに自信皆無なキハ20が出来ました。連結器周り。このあたりはHanaokaさんの作品を参考に(というかもはやパクリ...)作り込み。水タンクの弁(?)は高さが足りなかったので一旦エコーの細密パイプを植えて高さを稼いでいます。空気系の配管には自信がありません。(それっぽく見えれば...)全体図。燃料タンクから伸びる給油管(?)はとにかく目立つのでやってみました。た...