トラムウェイのキハ30をつつく(5)

時間を見つけては進めています。10月中に終わらせたかったところまで進んだのでひとまず安心...。 下り方に形式標記、検査標記を入れました。形式標記はキハ30用を持っていなかったので積t、空tの数字が同じキハ20-500をベースにキハ23より「3」をいただいてめでたく「キハ30」になりました。(見えないぞ!) 検査標記は手すりと放送ジャンパの間に入れるのですが、僕の施工が甘く製品のインレタが入るほどの余裕がありま...

トラムウェイのキハ30をつつく(4)

例会にはお寝坊さんで記事も間に合わず。いかん。 さて、屋根の加工です。下地はいつものように質感表現。信号炎管と屋上手すりはガイド穴があるので「トラムウェイありがとう~」と開けました、が。屋上手すりの位置が違いました(手すりが刺さっているところが本来の位置)。よく確認して作業するべきでした。塗装に入ります。室内はガイアノーツのホワイトサフを軽く吹いて色味を調整し、淡緑1号を吹きました。その後室内を...

トラムウェイのキハ30をつつく(3)

今日某F模型店に伺ったところ、まろねふ会長とばったり。クハ16の布教をされてしまったのでプラアングルとプラ床下の布教をしてきました。_____果たして可部線のクハ16を作る時間はあるのか_____さて、パーツをぼちぼち付けました。ボディだけで考えればあまり手間もかかりませんでしたし良質な“素材”であることは間違いないようです。手すりは全てφ0.3で、幌はいつものU-TRAINSさんです。前照灯は付属のライトケースだとホタルイ...

トラムウェイのキハ30をつつく(2)

コツコツ進めます。今回は床板です。台車はKATOに交換、室内の床を自作となればもういっそ全部自作した方が早いことに気付きました。アングルはタミヤのL字(5mm)をロングシートより少し短めにカットしてから接着。強度を持たせるためにボディ内側、アングルの表面を400番で予め粗してから瞬着で仮止め、クレオスのMr.セメントSPで完全に接着しました。位置決めはカツミの治具を使用しました。この流し込みセメントがなかなかに優秀...

トラムウェイのキハ30をつつく(1)

見慣れた(?)タイトルが帰ってきました。この秋はキハ30に捧げることにしました。まろねふ会長さまにならい、「プロジェクトK」とでもいきましょうか!?笑キハ30は大していじるところは無かろうと高を括っていたのですが、色を剥がして唖然。地域色と国鉄色で成型色が違うではあ~~りませんか。暖色系の下地はピンクサフで処理しますが、グレーだと下地が透けるので完成後に色合いが揃うか心配になります。ぐぬぬ。テールはエコ...

15年前の記憶,呉線開業100周年記念号

購入予定ではなかったのですが...σ(^_^;)15年前の寒ーい日だった記憶があります。コレもコレですが、この前走りがスカイブルーの103系で「気持ち悪いのがきた」と幼いながら感じたものでした。(それくらい気持ち悪かった?)勢いで購入したらそのままなあなあになる性格なのでさっさと進めます。屋根を3種類のグレーで塗り分け。オハフの前面窓にハセガワのフィルムでスモークをかけ、簡易運転台(?)にワイパーを追加。さらに、レボ...