トラムウェイのキハ30をつつく(5)

時間を見つけては進めています。10月中に終わらせたかったところまで進んだのでひとまず安心...。 下り方に形式標記、検査標記を入れました。形式標記はキハ30用を持っていなかったので積t、空tの数字が同じキハ20-500をベースにキハ23より「3」をいただいてめでたく「キハ30」になりました。(見えないぞ!) 検査標記は手すりと放送ジャンパの間に入れるのですが、僕の施工が甘く製品のインレタが入るほどの余裕がありま...

トラムウェイのキハ30をつつく(4)

例会にはお寝坊さんで記事も間に合わず。いかん。 さて、屋根の加工です。下地はいつものように質感表現。信号炎管と屋上手すりはガイド穴があるので「トラムウェイありがとう~」と開けました、が。屋上手すりの位置が違いました(手すりが刺さっているところが本来の位置)。よく確認して作業するべきでした。塗装に入ります。室内はガイアノーツのホワイトサフを軽く吹いて色味を調整し、淡緑1号を吹きました。その後室内を...

トラムウェイのキハ30をつつく(3)

今日某F模型店に伺ったところ、まろねふ会長とばったり。クハ16の布教をされてしまったのでプラアングルとプラ床下の布教をしてきました。_____果たして可部線のクハ16を作る時間はあるのか_____さて、パーツをぼちぼち付けました。ボディだけで考えればあまり手間もかかりませんでしたし良質な“素材”であることは間違いないようです。手すりは全てφ0.3で、幌はいつものU-TRAINSさんです。前照灯は付属のライトケースだとホタルイ...