11/8 記念作品第2弾

今年で呉線が80周年ということで、某227系に次ぐ第2弾を製作しました。加工の量自体は少なく、短時間で済ませましたが反響が思ったより大きく、真面目に記事を書きます(オイ
種車はクモハ123-45です。我が家に余ってた車両です。マリンビューの窓割を参考にゴリゴリやっちゃいます。
サフ吹き後。冷房はWAU102としました。(ランボード設置がめんどくさかった)配置はクモハ105を参考にしています。
マリンビューといえば前面のうきわとオール。手作りです(泣) パンタはPS16を仮置き。
帯と白を吹いた後。パンタは227系と同様のうんたらかんたらにしました。屋根は塗り屋根加工をしています。
命とも言える青を吹いた後。おなじみの姿です。
窓枠の白と茶色を塗装します。窓枠だけのマスキングを各2回施しました.....................。
記事では一瞬ですが現実は...というのは置いといて、吹いた後。塗装だけでここまでいけば満足です。後々手直しして完璧にします。塗装でやるってところだけを見れば僕は日本でも数少ない、いやいや唯一かもしれませんね笑
手作りデカールと、うきわとオールを取り付け。手作りにしてはいい出来です。筆者は勉強を忘れ舞い上がりました。
床下・屋根上をウェザリング。床下のウェザリングは新手法でやってみました。(艶消しをまだ吹けてないので少々テカテカしています。筆者の段取りミスです。段取りは大切です。)
そして完成!かっこいい!なぜかかっこいい!!
マリンビューのサイドビュー(失笑) 窓ガラスはダイソーの透明下敷きをカットしただけです。でも見劣りなしです。かっこいい。
走行会ではこんな姿で走らせる...??
以上久々に真面目に書いた製作記でした。多くの方から評価をいただきました。ありがとうございます。この作品を見て、呉線に足を運ぶ方が増えたらいいなと思います。呉線、80周年おめでとう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する