スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボコボコのサンパチくんをつくる

やっと最近の製作にきました。記憶が確かなので詳しく書けそうです。ただやはり工程を"解説"するとなると写真が必要だなぁと思います。視覚で楽しむものを伝えるのはやはり視覚なのか、と痛感します。プロトタイプはN2編成です。まずはランボードやベンチレーターの取り付け部などを平棒ヤスリで粗方削った後、#400の耐水ペーパーで整えます。その後#600で水研ぎ。屋根肩のRを合わせます。
クーラーはGMのWAU102を仕様。クモハ115-3801は東芝、クモハ114-3804は三菱のようです。新しく設置するグロベンの位置には0.25のプラ板で台座を作り、Φ1.0で穴を開けます。AU75の取り付け穴はプラ板で塞ぎます。編成を変えるということは当然車番も変わります。やはりこういうところで妥協するのは特定されたものを作るという意味上いかがと思います。(個人的な意見) #2000で丁寧に水研ぎ。研ぐときは必ず多方向から研ぐこと。裾下からやりがちだがそうすると裾角の塗装が一瞬で死にます。そうなれば元も子もない。
こうすれば塗装する必要もなく簡単に車番の変更が出来ます。トレジャーのインレタで車番を入れます。広島の113/115を作ろうとすると必ず付いてくるサンパチインレタ。今、役に立つ_____
研いだところの光沢が他の部位と異なるので、インレタの保護も兼ねてクリアを吹いておきます。クモハ114-3804は鉄仮面なのでパーツを....使いません。手軽に、手軽に。幕を殺さないように筆でHゴムに銀を入れます。窓のHゴムにも銀を入れて鉄仮面もどきに。屋根を塗装して完成!おまけでGMのジャンパ栓も付いてます。水研ぎの効果てきめん。美しい製品のような屋根。あ、不足するグロベンは105から持ってきました♨︎簡単に撮影。いやぁ、いいじゃないですか。こんなのが安く手に入るなんて。いい時代だなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。