トラムウェイのキハ23をつつく(4)

先週より試験期間で模型が全く捗りませんが、さすがに触らないと禁断症状(笑)が出ますので少しだけ進めました。モデルを決めずになあななと進めていたわけですが、無事(?)天プラのキハ11を購入したことにより国鉄時代の一般色となりました。ワンマン対応にしてからは意外にも改造の変化を追うことが出来なかったので諦めました。
モデルは無線器のない時代ですので泣く泣くコードを撤去。ツラにします。続いて屋根色の部分の下地を作りました。溶きパテをドライブラシの要領でポンポンしてあります。気動車の屋根は電車ほどではないもののザラついているので少し溶剤を足してなめらか風に...。お顔。KE66の根元周りを19番の形に変更、銘板をだるま屋(塗装を剥がして)に交換しました。
なぜか可部線のキハ23の写真は17番ばかり。どなたか17番の検査標記の資料をお持ちではないでしょうか、50-3、4、5、6あたりだと思うのですが。。。(後年でも構いません)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する