トラムウェイのキハ30をつつく(5)

時間を見つけては進めています。10月中に終わらせたかったところまで進んだのでひとまず安心...。
 
下り方に形式標記、検査標記を入れました。形式標記はキハ30用を持っていなかったので積t、空tの数字が同じキハ20-500をベースにキハ23より「3」をいただいてめでたく「キハ30」になりました。(見えないぞ!)
 
検査標記は手すりと放送ジャンパの間に入れるのですが、僕の施工が甘く製品のインレタが入るほどの余裕がありませんでした。仕方がないので外枠の上下寸を0.3mmほど詰め、枠内の工場名と検査年月もバランスよく再配置しました。
さすがにこんな煩雑なことをボディ上で行えるはずもなく、余っていたクリアデカール上に転写して行いました。シルバリングを防ぐためにボディに光沢クリアを吹きつけてから貼り付けました。別に塗装しておいた乗務員手すりを設置。隙間もほとんどなくキハ23で得たモノが生かせました。前面の加工が終了した状態です。写真付きの加工は後述します。
 
ワイパー、デフロスターは先日発売になったBONA製を使用しました。例によってデフロスターにはt0.2のポリカを貼っています。
 
実車を見ていて無視出来なかったサンバイザーはシングルアームワイパー(BONA)にクリアブルーで塗装したt0.2のポリカを貼り付けて再現。82番は使用、84番は跳ね上げた状態にしています(7号線のLEXと5号線のLEXみたいだな? 最近千田の方は使っておられるのでしょうか?)
編成中間なので見えないんですけどね...ははは笑
 
窓のHゴムには灰色9号、前照灯のケース内はメッキ調ペンで色入れしています(輝きがGOOD!)。架線注意標記はトレジャーです。渡り板の車番はトレジャータウンのキハ40用標記を並び替えて作成。これもクリアデカールを使っています。
 
さてこの車番を入れる時に色々ありまして、需要はないかもしれませんがこれから広島地区のキハ30を作る同志のために書き留めておきます笑 (違うところがあれば修正しますのでご指摘お願いします)
 
82番は渡り板がクリーム、車番が黒と分かっていたのですが84番は?と調べているとなんと渡り板が朱色の写真(RMライブラリー211 可部線波乱の軌跡 P29)が出てきてしまい「あーあ」となってしまったワケです。84番とはっきり分かるお顔の写真はそれしかなくとりあえず手を止めて考証をすることにしました。
  
同時期にいた82番、岩国の76番、83番は塗り分けられているのに84番だけ、なぜ?
  
考証を進めていると82番はS47.1(1972年)の検査以降両エンドとも種別幕のHゴムが黒色になっている事が分かりました。76番は1967年に岩国へ転出しているのでそれ以降に広島で撮られたキハ30(一般色)はHゴムの色で車番が判別出来ることになります。これで先述したRMライブラリーの表紙の左側に写り込んでいるキハ30の車番が分かり、問題の84番になるんですが、
 
「渡り板下りとるが!?!?」
 
さぁ解決に至りません。とにかく資料を漁っていると82番が芸備線に入っている写真(芸備線 米寿の軌跡、DCの時代だったと思います)が見つかりました。その写真ではなんと渡り板が朱色なんです! じゃあ84番の例の写真は...と改めて見ると1969年の撮影、つまり新製後最初の全検までは渡り板の塗り分けはなかったことになります。調べたところ先述したS47.1(1972年)の検査が最初の塗り直しで、それ以降は車番は分からずとも渡り板が朱色の写真は見ません。おそらく合っているかと思います。
(つまり再現する時期によっては渡り板は朱色4号、車番は白色ということになりますネ)
 
結果安心してクリームの渡り板に黒色の車番を入れる事が出来たのでした...。
ちなみにですが76番、83番のデフロスターは左右に支えがあって82番、84番は上下に支えがあるので所属区で違うみたいです。模型製作の参考にぜひお役立てください。種別幕は(2)か(3)で書いた通りTOMIXの113系から強奪しました。行き先部分を800番で削り取ってから艶消しホワイトで塗装して白幕としました。Hゴムの色は82番は黒、84番は灰色9号で入れました。ブラインドを作ります。マスキングして持ち手(?)の金属部分を描きます。朝の4連をイメージしているのでブラインドは東向きの側面を多めに下ろすのですが、可部線はクネクネしているので途中で陽が当たる側面が変わります。ブラインドを下ろしている比率は日の当たる区間の比率で...。ただ紙を貼ると単調で接写に耐えられませんが金属部分を描くだけでいかにもブラインド感がします。おすすめです。
その他車側表示灯はエコーに交換しています。グロベンが届きました。TOMIXのグロベンはエッジが効いてて厚みも程よく素晴らしい品です。しかし名称が73系用グローブベンチレーターから変わっちゃいました、期待してましたが。(値段上がったし)10月中に上回りを仕上げる目標をなんとか達成しました。床下と室内と電装...、まだまだ長いなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する