近況報告

課題が終わらずキハがまーったく進みません。したがって工作の内容はありませんが生存報告。
「作る時間はなくても資料は集められる」と相変わらずキハの資料を漁っていたのですが、分かったことといえば「前回作のキハ23は間違っている」ということ。どこがどうとは書けませんが、塵も積もれば無視出来ないレベルになるものです、作り直しを決めました。(とは言っても今作っているものを19→17番にするだけですが)  
「ちょっとくらいいいじゃん~、気にしすぎだよ~」と心配(?)して頂くのですが、モデルにする時期に形態はただひとつ、そこを「こだわり」として第1に置いてしまっている以上仕方のないことです。加えてそれを楽しいと思っている訳ですから末期患者です笑
模型のことでお金の話は慎みたい(笑)のですが、今回のキハたちは1両あたりうん万とかかっているので、さすがに学生には厳しく、資金回収をせねばならんということで前回作のキハ23は売りに出します。黄色い所に出すときはまたご報告します。
12/21に出品しました。期間が短いのでもう1回出品するかも?
キハ23のオークションページはこちら


△2018.12.11 回8340M P-08+P-07
その他、僕が鉄道趣味を再開してからずっと追っていたP-07が岡山へ転属になりました。2012年にミハS4として来広、先日オカB-18に変更となり約6年の活躍でした。ブログにはほとんど写真を載せていませんでしたが、酷い時には毎週末始発で広島まで山下りして撮りに行ったものです。お疲れ様でした。△2012年 転属当初の姿。下り方に幌、半自動ボタン案内ステッカーなし、スカートにS4の文字。△その後一度検査に入りモハは床下グレー、クハは台車とスカート、一部機器がグレー塗り直されました。広島の車両と同等の仕様に。△2017年秋に黄色に。この編成を以って全国から関西更新色が消滅ということもあり話題になりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する