気動車原風景

城北例会でした

2020/06/28
鉄道模型 2
今週末は城北さんの月例会でした。これまでにも関東合運や例会にゲストとして参加させて頂いていましたが、今月から正式入会となりました。これから毎週土曜日は運転会(!)なので、走行が不安定な「可部線キハ」の動力を換装しました。走行会の度にFM-Dの整備に苦労させられていましたが、天賞堂の新しいパワトラなら楽チンで助かります。加えて電気関係もいじくりまわしたので(例会で)試運転をしようと思っていましたが忘れていました、再来週の弊社運転会ではちゃんと走ってくれるカナー?
 
例の貨車たちは床下を作図中です。もう一度床板を作り直す必要が出てきて頭を抱えています。三度目の正直になるかいな。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

ダルマ35号

お元気そうで何より

やはり都会の模型クラブには高名なモデラー様も大勢いらっしゃるのでしょうか?
良からぬ刺激を受けそうで良いのか悪いのか(笑)。
で、FM-Dってそんなに性能良くないん?天賞堂の新パワトラは確かに良いものでしょうが、FM-Dも良く走るモノだと思ってたんで…

2020/06/28 (Sun) 21:43
えるが

えるが

活き活きしてます

>ダルマ35号さま
刺激を受けまくっています(笑) でも他のジャンルに惹かれることはないのでご安心を...(?)
 
さて、FM-Dは天賞堂の新パワトラと比べると音は静かですが若干力が劣ります。走ってしまえばさほど大きな差はないんですが、走るまでの調整(電気関係)が楽か否かってとこです。FM-Dは自身にかかる車体の重さを利用して集電しているのでプラ車体では集電不良を起こしやすいです。一方天賞堂の新パワトラは車輪の裏をこすって集電する方式なので車輪まで電気が来てしまえば走ります。FM-Dでも編成単位で通電カプラーを仕込んでしまえば良く走るようですが、気動車のような1両単位での構成には向かないようです。あと、財政的にも...(苦笑

2020/06/30 (Tue) 01:38